ギターやベースを長期間保管するためにはどうすればいい?

弦をどうするのかは人によって意見が分かれる

ギターやベースなどの楽器をしばらく弾かないという理由で長期間保管するためには、どういった方法をとればいいでしょうか。まず、木で作られた楽器にとってよくないのは湿気です。湿気によって楽器が変形してしまうと正常なチューニングができなくなったり、あるいは音を出したときにノイズが入ってしまうことになりますし、カビが生える原因にもなってしまいます。そのため、空調が効いている部屋で保存するといいでしょう。

弦は張ったままでいいのか、それとも外した方がいいのかという点についてですが、意見は分かれており、絶対にこちらが正解ということはいえません。ただ、基本的には張ったままにしておく人の方が多いです。というのは、弦を外した状態で長期保管するとバランスが取れなくなってしまい、ネック部分の板が反ってしまうという考えがあるからです。ネックが反ってしまうと、素人が元に戻すのは不可能なので注意しましょう。

楽器に付着した脂や汗をきちんと拭き取ることが大切

楽器を乾いた布で拭いておくのも重要です。楽器を弾く場合、素手であちこち触るのが普通で、当然、指の先の脂などが楽器に付着することになります。それを放置しているとカビの栄養源になってしまうので、長期保管にあたっては汚れをきちんと拭い取ることが大切なのです。また、金属部分に汗が付着したままだとサビてしまうことがあるので、それを防ぐためにもあらゆる場所をきちんと拭くようにしましょう。

もし、長期保管した結果、ネックが反ってしまったり、カビやサビが出てきてしまった場合は修理業者に持ち込めば解決してくれます。

サックスは、音色の美しさが特徴の楽器です。多くの人に楽曲の素晴らしさを提供することができます。音楽のプロから素人までに人気を集めます。