室蘭・登別旅行は北海道のあらゆる魅力を堪能できる

室蘭と登別へのアクセス

室蘭市と登別市は、札幌と函館の中間地点にて隣り合って存在する2つの自治体です。そして、高速道路の登別室蘭ICがあるなど色々な交流があるため、2つで1つの都市のように扱われているようなところがあります。そして、電車でも2つの市の移動はすぐであるため、1つの旅行で2つの場所に行きたい場合は、札幌と小樽の関係同様に大変おすすめの地域です。本州からのアクセスとしてはまず飛行機の場合、空港内の新千歳空港駅から南千歳駅まで1駅3分進み、南千歳駅からは特急にて2駅・約40分で登別駅、3駅・約50分で東室蘭駅まで着きます。次に新幹線だと北海道新幹線の終点である新函館北斗駅から特急で東室蘭駅まで約2時間、登別駅まで約2時間10分です。

室蘭市の魅力について

室蘭市は人口10万人弱の北海道を代表する都市の一つです。そして、工業都市が関連し、函館同様に夜景(工場夜景)がきれいな点がまず有名です。地形的には断崖絶壁の場所が多くあり、「地球岬」からの眺めは最高です。グルメ的には焼き鳥やカレーラーメンあたりが有名です。

登別市の魅力について

室蘭の北に位置する登別市は人口約5万人で規模的には室蘭より小さめの市です。ただし、この市といえば日本一有名で人気がある温泉の一つである登別温泉があるため、全国的な知名度は室蘭を上回っているようなところがあります。登別温泉は全国の人気温泉の中ではだいぶ駅から近く、登別駅からバスでわずか15分で着きます。そして、全国的な温泉だけに宿泊しなくても日帰り温泉や足湯、地獄谷、ロープウェイなど日帰り客が訪れても楽しめる場所が多数存在します。

北海道の旅行と言えば、飛行機で行き道内はレンタカーというのがひとつの定番です。ただ、北海道の鉄道は自然の中を抜けて町と町を結んでおり、北海道らしさを存分に感じることができます。