知っておきたい!トランペットを選ぶときの条件や色の違い

良いトランペットの条件とは

トランペットには、さまざまなメーカーのさまざまな商品があるため、特に初心者の場合は、どれを選んだらいいか分からないという場合も多いでしょう。一般的に言われている良い楽器の条件としては、「音程が良いこと」や「作りがしっかりとしていること」、そして「音が楽に出ること」などが挙げられます。しかし楽器は、演奏や練習などで長く使っていくものなので、「見た目の良さ(自分の好みに合った見た目)」も重要になってくると言えるでしょう。そして値段に関しては、7万~30万円程度が相場であり、値段が高い方が質も良いと言えますが、個体差も大きいとされているため、安くても良い音が出る「アタリ」のものもあると言われています。

トランペットの色の違いについて

次にトランペットの色については、主に金色と銀色に分けることができ、さらに金色は、金メッキによって表面仕上げされたものと、ラッカーによって表面仕上げされたものに分けることができます。「金メッキ」のものは、ラッカー仕上げのものより深い金色をしているのが特徴であり、値段は一番高くなります。そして「ラッカー」は、とても光沢があり、手入れもしやすくて、値段も一番安いというメリットがあります。さらに「銀メッキ」のものは、金色とは違う趣があり、値段はラッカーよりも少し高くなります。色による音色の違いに関しては、微妙に違うという説や、ほとんど変わらないという説があるため、自分の気に入った色のものを選んだ上で、実際に音を試してみるとよいと言えるでしょう。

トランペットとは高音金管楽器であり、ピストンとバルブが3個ずつ付いており、それらを操作することで音を変えます。