安心して走行する為に!車検の前に知っておきたい事

車検が義務付けられている理由

車を所有している場合、避けては通れないのが車検です。新車の場合は購入から3年目で最初の車検となり、それ以降は2年に1回のペースで車検を受けなければいけません。車検切れの状態で公道を走行すると、免停処分になってしまう事もある為、忘れずに受けておく必要があります。

車検では、車が国が定める保安基準に適合しているかどうかの点検を行います。この基準に達していない車が公道を多く走行すれば、事故が多発する原因となる為、2年に1回の車検が義務付けられています。

費用が安くない為、車検が近づく度に、憂鬱になる人も多いでしょう。ですが、車検は安心して公道を走行をする為に欠かせないものです。

車検だけで安心しない事も大切

車検が終われば、そこから2年間、車は安全に走行できるというイメージを持つ人もいるでしょう。ですが、車検というのはこの先2年間、故障する事なく走行できる事を約束するものではありません。車検は、その時点で車が国の基準に達しているかどうかを点検するものです。

車の故障や事故を未然に防ぎたいのであれば、車検を受けているから安心と考えず、法定1年点検を受ける等、定期的に点検や整備をしておく事がおすすめです。

車検はタイミングも大切

車検を受けるなら、早く終わらせたいと考える人もいますが、満了日の1ヶ月以上前に車検を受けると、次の車検の満了日が変わってしまう事になります。ですから、車検を受ける時は、満了日の1ヶ月前から満了日までの間に受ける事がおすすめです。

この期間に車検を受けた場合、次の満了日が変わる事はありません。

車検は2年に1回、新車は初回3年に1回車検を受けることが日本の法律で義務つけられています。車検を軽自動車を運転している人、所有している人も忘れずに受けましょう。