昔ながらのところから今風のところまで!自転車ショップってどんな感じ?

自転車のショップには複数のタイプがある

自転車のショップはどこも同じというわけではなく、経営方針によって利益の出し方、商品の種類などが違ってます。まず、街中でもっとも見かけるタイプとして、あまり大きくない店舗に何台かの新品自転車があり、それとは別に、客から預かった自転車が店先に並べられているというタイプのショップがあります。こうした自転車ショップは、自転車そのものを売って利益を出しているのではなく、パンク修理など、既に利用されている自転車を修理することで稼いでいます。なので、自転車を買いに行くショップとしてはあまり向いているとはいえませんが、自転車を買ったあとに頼りになるところといえるでしょう。

最近多いのはスポーツタイプの自転車だけを売る店

次に比較的大きな店内に、婦人用の自転車からスポーツタイプの自転車まで、たくさんのものが並べられているショップがあります。こうしたショップはチェーン店であることが多く、修理もこなします。なので、もし、家の近くにこういったタイプのショップが一軒あれば、自転車を買うときも買ったあとも重宝するでしょう。あまり数は多くありませんが、最近増えているショップとして、スポーツタイプの自転車だけが売られているところがあります。こうした店は、自転車にお金をかける人、あるいは自転車の知識を持っている人をターゲットにしており、婦人用自転車は置かれておらず、詳しい人なら自分でできるからという理由で、パンクの修理もしていないことが多いです。車体を売ることに特化したショップといえるでしょう。

名古屋の自転車のショップを探す時には、各店舗の得意とする車種の種類や販売価格の相場などを確かめることがポイントです。